緋山先生、ふたたび

立春は過ぎたものの、冬空が続く毎日・・・

さむっ

それでも「春」を求めて本日はピザでブランチ

シラスと新ごぼうと菜の花のピザ

新じゃが素揚げとトマトスープ、イチジクの甘露煮をデザートに。

[器:辻中秀夫 スープカップ1500円豆片口600円チーク無垢材デザインプレート(丸)3700円]

 

ピザ生地は市販のもの、うすーくマヨを塗って、しらす、チンしたささがきごぼう、ゴルゴンゾーラ、これまたチンした菜の花、モッツァレラチーズ

アラジントースターの高火力でパリッと焼けました

オリーブオイルをくるりとひと回しして、う~、春~(かも)

しらすの塩味とゴルゴンゾーラチーズの塩味とうま味が味付けのシンプルピザです

 

ガーガーと爆音を響かせる(パピにとって)掃除機を仕舞うと

終わった?

もうあのにょろにょろしたもの(掃除機のホース)、出てこない?

うん、おしまい。

これからパピさんのご飯と砂を買いに行ってくるわ~

 

そのスーパーの入口でうずくまっている老婦人を発見

そのご婦人に老夫婦が声をかけている

むむむ、これは素通りできない

コードブルー(ドラマ)の緋山先生が再び登場!

お買物を終えたおばあちゃん、帰ろうとしたら突然鼻血がでてきて、ポタポタと血が落ちる。

傍らの老夫婦からティッシュをもらって鼻をおさえているけれど、こんな寒いところにしゃがんでちゃいかんので、店内のベンチで座って止まるのを待とうといったけれど、「バス停で待つ」と言い張るおばあちゃん。

迷惑をかけたくない

あまり人目につきたくない

きっとおばあちゃんはそう思っていたんだろうな。

私も一緒に休憩するからといったら「タクシーで帰ります」と。

タクシーが拾える道路までゆっくり、ゆっくり一緒に歩いた。病院帰りに買い物に寄ったらしい。

80は超えているであろうおばあちゃん。

店主の肩にも届かない背丈でカートを杖代わりにしている。

「忙しいのに親切にありがとうございます」「ううん、今日は仕事休みだから心配しないで」

ドアが閉まる。

 

だれでも年を取る。

 

お母さん、今日、困っている人にちょっとだけ手を差し出すことができたよ。

お母さんにはもうしてあげられないから、よその人に親切にすることで、

私は

救われるんだ。

 

 

よし、ご褒美に

油で揚げないドーナツ(そもそもそれをドーナツというのが不思議だと前から思っていたが)

元町交差点にある「はらドーナツ」

バレンタインスペシャルらしい

褒美はほどほどに。

 

明日は留守をします。カワシマちゃん、ヨロシク~