余白パワー

源吉兆庵のあんみつをいただいた

高級品である(;’∀’)

寒天とあんこが別々に入っていて、自分でうつわに出していただくタイプ

トッピングもりもり

寒天と豆のバランスもよく

品の良い甘さのあんこがたっぷり入っていたので

半分は

あんぱんにした(笑)

バターじゃなくてクリームチーズとともに

めっちゃうまい(しみじみ)

恐るべし、吉兆庵

 

あんみつのうつわは、ガラスの高部さんとマサ殿平皿7寸

今回の納品には

8寸と6寸と5寸、、、、

おおーい、7寸、無いんかーーい(;’∀’)

でも、上記のあんみつは、バランス的に6寸のほうがよいのだよ。

余白も多すぎると間が抜ける

何事も

バランスが大事~

 

あんぱんは、片方に寄せて盛付ける

あんぱんが

かっこよくなる術である

これも余白のなせる業

 

パピさん

誰か来るのかにょぉ?

うん、そだよ

スタンバイ(ドキドキ、ドキドキ)

 

結局、お客さんのご来店とともに姿を消したのだが

気持はあるらしい(笑)

 

本日のボクメシ

*トンテキ

にんにくチップがうますぎる

昔、鉄板焼きへいったとき

目の前でニンニクを焼いていたシェフが

無言で焼き直しをしていたのを思い出した

焦げたんだって

そう

こいつは焦げるととたんに苦くなるのだ

じっくり焦らず

焼くべし

 

明日、明後日もご来店予定があるが

パピさんは

どうするのかなぁ

まぁ

焦らず

看板猫になってくれる日を夢見よう