石垣島紀行-3-

石垣島、いよこ歩けば、にゃんに遭遇

じいが編んだ籠がいいよと神野さんに勧められて立ち寄る

「やちむん館工房」

ご多分に漏れず、こちらも看板控えめなの(;’∀’)

月桃(げっとう)やアダンの葉でおじいちゃんが編んだ生活雑貨がいっぱい。

自分を抑えるのが大変だった(;’∀’) 我慢して一個だけ、月桃の蓋つき籠をお持ち帰り。

満足して外に出ると

細にゃん登場

クヨーンナーラ♡ (八重山言葉でこんにちはー)

ねえねえ、あたちを本土に連れてって~

ねえ~

ぐにょぐにょと店主の足にまとわりつく(うれしすぎ)

尻尾をつかんでも怒らない

どころか

自ら店主の足を登り、お膝にチェックイーン

なんてかわいいんでしょう

ああ、これが石垣島でよかった

まさかの家の近所やボクノワタシノの近所でこのようなことになったら、あーた、もう、そりゃ、ねぇ

日が暮れるまで、まったりタイムを堪能

ありがとうね

イキテクイ(さよなら)

 

と、石垣で出会うにゃんはみーんな細マッチョ系

猫だよねぇ?

ぐにょぐにょしてるけど

カワウソじゃないよねぇ(;’∀’)

ブヒッ

 

11/16(土)からはじまる「食べる×お茶する器展」参加の小倉夏樹さんの作品

※撮影サンプルです

目玉焼きだよ

明日は、臨時休業

展示会準備に専念

土曜日から

皆さまのご来店をお待ちしております~