石垣島紀行-2-

さてさて、石垣島紀行のつづき

はじまり、はじまり

やまばれ陶房さんであわよくばと思っていたけど、11/30から「やきもの祭り」が始まるため、当然、仕入れは難しい・・・

諦めきれない店主の眼力が探し当てた

壺です。

アラビアのなんちゃらという壺をイメージして作ったらしいが、ご本人は「不出来」だという。

いんやー

とてもいいですよ、ステキ♡

形もさることながら、色がおもしろい。

活けるより飾るが適している壺、はい、ボクノワタシノで販売します。

 

次に訪れたのは、軽自動車がかろうじて通れるかなというくらいの細い道を草をかき分けて進んだ先にある「TEMAHIMA」さん

手間暇かけて作っている手仕事の器

白と黒

これはバターケース

かっこええ

与那国で窯を開いた山口陶工房さんから独立した山口晋平さん

存在感のある器たちは、これまたやきもの祭りが終わってから、制作してもらうこととなりました。

ここからも見える

青い空と海

楽しみが増えたぞ

 

やまばれ陶房の神野さんが「ジャムがすごく美味しいよー、果樹園もしてるからー」と言っていた

アンパル陶房 宮良農園さん

陶芸作品は、店主の好みとは少し違う感じだったので、ここは断念して、果物のほうを堪能すべし!

グアバジュース

氷少なめ果肉も入って味が濃いーーの。おいしいわぁ・・・

これだけでも大満足

工房の入口には

お昼寝中のにゃんが一匹

まだ子供

いや大人?

石垣は行くところ行くところでにゃんに出くわす。(TEMAHIMAさんにもいたけど隠れちゃったので写真なし)

おそらく飼い猫は首に何かをつけている(大方は首輪じゃなくてかわいい紐みたいなもの)

そして、みんな、薄いの、体(;’∀’)

というところで、本日はここまで

明日は、その「薄いにゃん」の話から

 

 

超現実に戻った本日の朝

お土産に買ってきたグアバジャム

パンプキンとマッシュルームのスープとともに

[器:宇田康介さん粉引シリーズ スープカップオーバル皿しのぎ豆皿豆鉢]

 

石垣で薄いにゃんばかり見ていたので、超絶違和感(笑)

みーです

猫のみーです

今日はかあさん、朝早くからバス旅行にいったとです

帰りは夜・・・

ちゅーるおばさんが帰った後みたいとです

キャーーーーー

みーです

猫の

みーです

 

(お知らせ)

11/15(金)は、展示会準備のため臨時休業です