[ひとり言] 誰かのために

昨夜、U-NEXTでたまたま見つけてどっぷり全編観てしまった

はい、セックス・アンド・ザ・シティのその後遍

あれから23年という月日が過ぎていたのね(;’∀’)

ちょうど同じ年ごろということもあってドハマりしていた(笑)

 

今朝のあさイチは「毒親」というテーマだった

子供がいないワタシは、自分が親元で過ごしていた時のことを思い出しながら観た

過干渉・過保護・支配・管理・価値観の押し付け、、、

母と娘に多い関係らしい

 

「次男なら土地をもらってくるものじゃない?」

一度目の結婚相手に対して母が言ったことば

分家する分け前として土地をもらい、そこに家を建てる

というのが母のいや昔のこのあたりの価値観であった(と思う)

そんな母に対しての意地もあったのか

私たち夫婦は25歳の若さで土地を買った

母は金銭面で応援してくれた

 

しかし結局私と母の関係はしっくりしなくなり、

離婚の際、実家に戻ることを拒まれたっけ

(結局、父の一言で私は愛猫とともに実家に戻ることになったんだけどね)

 

昨日からなんだか昔を思い出すことが多いな

それ自体は悪いことじゃないだろうけど

私は前に進みたい

今は高級備長炭でいつでも着火できるよう備えている

(燃え尽き症候群中といったら「灰」じゃなくて「炭」でいるといいらしいよとメッセージをくれた友の言葉)

 

 

自分の今のこのもやもや

誰かに話したいと思うことがある

その誰かは自分に近くない人であってほしいとも思う

そういう場所があればなぁ

ないなら作るか、、、

私みたいに誰かに話したいという誰かのために

いつか作れたら

いいなぁ

 

なんてことを思った本日のボクメシ

*昨夜の残りのクリームシチュードリア

*ザクロジュース(赤ワインじゃないよ、ザクロ100%ジュース、これが美味しくなくて、やっと終わる)

ごはんを入れて

シチューをかけて

チーズをのせて焼くだけ

 

ごちそうだ

ここ数日4時起きの姫

ニワトリ復活(;’∀’)