栗と一年

ワタシ御用達のJAに栗が並んでいる

先日、同期の桜と買い物に行った際、2袋しか残っておらず

「買おうか?いや~でも皮剥くのが大変だから」などとぶつぶつ迷っていた数分後

完売していた(;’∀’)

そのリベンジで

買ってきた

でっかくつやつやの栗たち

 

その壱

テッパン、栗ご飯を炊く

米も買ってきた(玄米しかなかったから)

たくさんできたから同期の桜におすそ分けしよう

炒り鶏とともに

 

その弐

そのままいただく

栗ご飯の時もそうだけど

やっぱり手間取る「鬼皮剥き」

ほくほくしているが甘さは遠い

 

その参

先日の横浜の友が買ってきてくれた

店主大好物のお店(アサコ イワヤナギ)の焼き菓子があるのでそれを土台にして

生クリームと栗クリームon

栗を裏ごしして生クリームと砂糖を加えてねりねり

きんとん風に丸めたものと絞り袋からだしたもの

これは甘くてうまい

アサコ イワヤナギのお菓子が旨いという説もある(笑)

 

堪能の秋の一日

 

 

来月の試験に向けて受験票が届く

全く勉強していないので

受かる気がしない(これで受かったらおかしい(;’∀’))

さて

どうしたものか

という現実逃避

 

 

今日はやや暑いらしい

毛布

いらないわ

ですねー

 

気づけば店を閉めてから1年がたった

去年の今日は、片付けに追われていた

次の日引越しという強硬スケジュールをこなしていた

「あっという間」

ありきたりだけどこの言葉がぴったり

早いなぁ

 

 

 

そして今日は安部元総理の国葬

私が夫人だったら

謹んで辞退する(できるできないはおいておいて)

※あくまで個人的意見です

栗を食べながら

そう

思ったさ