笑いは大切

昨日のバターナッツかぼちゃ、残り半分、本日はポタージュになる。

ベーコンエッグの朝ごはん

定番メニューは安心の味(笑)

シンプルだが存在感のある恩田陽子さんのゴールドのうつわに、ブルーの染付の組み合わせ。

金と青

洗練された色の組み合わせなんだよぉ。

 

さて、今日はみーちゃんについて語ってみる。

そもそもみーちゃんがボクノワタシノに来るようになったのは、

ボクノワタシノがオープンして2か月後くらいに

大家さんが足を骨折して二か月入院をしたことがきっかけ。

当時、大家さんちは窓が少し開けられていて、みーちゃんは出入り自由の身なれど、大家さん不在ゆえ、家の中は寒い。

2月のことだった。

寒いにょ

寒いにょ

と、ボクノワタシノの戸をたたく。

迎え入れた店主

店ではなくバックヤードで寝るみーちゃん

それから、毎日来るようになり、次第に店のアラジンの火にあたるようになったとさ。

 

これがみーちゃんが営業部長になる前のお話でした。

 

元町は商店街組織があるが、店主はなかなかなじめず(;’∀’)

そんな中、唯一声をかけてくれたのが彼女

FORESTという美容院をご夫婦で営んでおり、彼女はヨガインストラクター

ありがとね~

 

資生堂時代の部下(大変おこがましいが・・・組織的にそういう位置づけなの)

近くで仕事だったからとお別れに来てくれた。

 

もっと早く、お店の存在を知っていたらと遠方からわざわざ来てくれた人は

故志村けんさんの故郷、東村山から。

なんともユーモアのあるお餞別は

ドラえもんのハンカチと「だっふんだ」と刻印のあるどら焼きだった。

笑ってお別れできた。

彼女のセンスは志村けんさんゆずりなのか?(笑)

 

あと2日となった。

最後は笑顔で終わりたいものだ。

心して過ごせ、私。

 

<おまけ>

今日は、パピさんがごろんするど真ん中に設置してみた

これならさすがにどうにかするだろうと期待を込めて帰宅する

裏返っていた(-_-;)

パピさんにとってどういう存在になっているのか・・・

3日間の実験結果は

 

 

「不明」

 

という結論となる。