ミカン

少し前に出かけたレストラン「アルティザン」

中区役所の近くのフレンチで、カジュアルな雰囲気ながらオトナがメインで落ち着いて食事ができる店。

お料理はコースでどれも美味しかったけれど特筆すべき2品を。

 

[前菜]

雲丹ーー

その下はビーツのムース

目で楽しみ、舌で楽しむいっぴん

うつわは、白いほうがよりキレイだよなぁ、きっと。

[メイン]

お肉~

添えられているのは「焼きミカン」

お肉の脂(あまりないけどね)をミカンがさらりと流してくれる

なるほど~

 

と、これがやりたくて本日

豚バラ大根だよ

こってりんこだよ

だから

たくさん焼いた(笑)

フライパンで素焼き

*パクチーといろいろレタスのじゃこサラダ

*きのこの味噌汁

あかーーん

うまいわぁ

焼ミカン

 

とてつもなく庶民的な冬の果物「ミカン」

若者は、皮をむくのが面倒で敬遠するらしいが、

小さいころ、おばあちゃんが白い筋をきれーにとって食べさせてくれた思い出もあったりする

哀愁漂う果物なのです(笑)

 

 

うつわは、奥村陶房さんの作品たち

好きすぎて、手放せなくなりつつある「じゃがいもプレート」

 

今日のお客さんの中にもお二人いた

「じゃがいもプレート」が好きすぎる人が(笑)

お一人は、ひとめぼれ

もうお一人は、追加購入

シンプルだけど個性豊かな奥村さんのうつわは

土味が感じられるマットなうつわと相性よいです。

(写真は、コウホ窯市野さんの色安南)

 

今日の部長

朝からお疲れちゃん的なご様子だが

アラジンさんにご挨拶後

寝る

時々

存在をアピールする(店の真ん中でごろん)

といういつもと同じ一日をお過ごしでした。

めでたし。

 

展示会も残すところあと3日

冬らしい天気が土曜まで続くようです。

奥村さんのクリスマスツリーは完売、ダーナラホースは少しあるよ。

古谷さん、岡さんの作品も十分ご覧いただけます。

今日も少し入店をお待ちいただく場面がありましたが、感染防止対策ゆえ、ご容赦ください。

 

明日は、店主自宅勤務、カワシマちゃんよろしくー