金継ぎ事例

お茶碗(磁器)

<状態>

口元から大きくひびが入っている

<仕上げ>

漆/約4,500円

「金継ぎ」と言われる由来は、仕上げの装飾に「金」を使用することが多いため。そうです、金は装飾であり、割れたりひびが入ったところを実際に接着をしているのは「漆」なのです。

その「漆」だけの仕上げの事例です。

華美でない美しさがあります。

うーん、例えると「銀閣寺」かな。