手ぬぐい

里芋が当たりだった(喜)

具沢山の豚汁とおむすびの朝ごはん

お皿は、新しくゲッツした丸十製陶さんの25センチプレート縞

優れた技術をもった職人さんがつくるお皿は、規則正しく入ったしのぎがアクセントのシンプルなお皿

店主も数年愛用した「金彩プレート」の進化バージョンです。

※25センチプレート縞 キセト 2800円(税別) 金彩もあります 店舗販売中、オンラインはもうちょっと待っててください。

 

手ぬぐい、愛用してます。

いつも2枚を冷蔵庫の取っ手にかけてあり、一枚は調理中の包丁を拭くのに使い、もう一枚は食器の水分をとるのに使います。

せっせと使い、ほどけてくる糸を根気よくカットし続けると、あら不思議、ほどけてこなくなるんだよねぇ。

 

3年間、お店で使っているこちら

もちろん、もう糸が手でてくることはありません

12月で三周年になるボクノワタシノ

オリジナルの手ぬぐい、作ろうっと。

 

※本日、部長は早退しました

 

<今日の別腹>

お客さんと話していたことを実践してみた

「このお皿、ひとめぼれなんですが、大好きなカヌレをのせるとお皿と同化しちゃいますよね・・・」

「ヨーグルトソースを下にひいてカヌレをのせたらいいんじゃないかしら」

「おお、やってみます!」

お皿と食べ物の色のトーンが似ていると同化しがち。

せっかくおいしく食べたいから、間に明るい色のもの(ソースが手軽)を入れると、解決です。

ソースには、プレーンヨーグルトをよく使います。

いつも冷蔵庫にあるし、ドレッシングに混ぜたり、生クリームを混ぜたり、味が淡泊だからなんにでもよく合う気がするの~

 

食いしん坊は、いつも「もっとおいしく食べる」方法を探求しています(笑)

 

(追伸)

黒巻丸紋ストライプの器[山本一仁]

安南手の器[コウホ窯市野吉記]

オンラインショップ販売開始しました。