食いしん坊だから

肉、食べたい・・・

そう思ったら止められないので、ビーフシチュー作りました

赤ワインをドバドバ入れて、隠し味に八丁味噌を使います。

(器:伊藤 豊 ブロック深皿(L)、花紋ボウル(S)、花紋マグ)

昨日届いた「暮らしの手帖96号」は「料理力って何でしょう?」というテーマで8人の料理家に話を聞いた特集がありました。

その中で、ホルトハウス房子さんのこの言葉に、そう!それそれと首が落ちるんじゃないかと思うほど頷いた次第。

「こうしたら、旨かろう。食いしん坊って、いつでもそう想像し、工夫するものです。」

店主も食いしん坊です。

どうせ食べるなら、おいしく食べたいんです。(お腹を満たすだけの時は何でもいい)

レシピの分量は参考にするけれど、絶対じゃない。

失敗もあるけど、だからまた作るのかもね。

 

さて、明日からいよいよ「パンとひと皿二人展」がはじまります。

なあ、カワシマちゃん

なあに、みーちゃん

町田裕也さんの作品は早々に届いたけど、山本雅則さんのはどーなってるなりか?

う、うん、17時すぎになるらしいよ。

マジか

車の運転に気を付けて急いでがんばって!の声にこたえて16時すぎに到着の山本氏

カワシマちゃんとせっせと品出し中

 

「パンとひと皿」

なぜこのテーマにしたのか、

ごはんも好きだけど、パンも好きだから。

このパンにはどんなスープが合うかな、ハムエッグかオムレツかどっち?とか、飲み物は何にしようかな、とか、器を眺めながらいろいろ妄想してみませんか?

 

ちなみに、女性は30代以降、男性は50代以降、朝はパン派が6割を超えるそうです。(出典:東京ガス都市生活研究所 現代人の食事情2013より)

さて、あなたはどっち?

 

明日は雨あがってほしいな

 

 

(おまけ)

今日午前中に銀座に出かけ、帰りに寄ったコロッケ屋

東銀座の路地裏にあるコロッケのチョウシ屋さん

昭和だ(人気店です)

コツペパンのコロッケサンド

その場でコロッケを挟んでソースをかけてくれるだけ(笑)

こういうお店はなくならないでほしいなぁ

町田裕也さんの新作「ゴブレット」

ミルクに夏の名残のカルピスをまぜて。