ごたーいめーん

食べごろのアボカドを見つけたので

今朝は、「エビとアボカド丼」&「酸っぱ辛い野菜スープ」

市野さんの小どんぶりを使いました。

上に向かって開いている形状の丼なので、上から見たときも絵付け模様が楽しめます。

横から見るとひっくり返した帽子みたいな形

市野さんの安南手がどこか古びたような味わいがあるのには訳があります。

 

ベースは赤土、白化粧(粉引)を薄ーく二度塗りをしてふき取った後に絵付けをするんで、「奥行き」のある模様になるんですわぁ。

加えて、白化粧の土に含まれる鉄粉がいい塩梅に散らばっていて古びたような表情になるんやでぇ

と、

みー部長にご説明くださいまして

ほかほか、わかってくれたんか、うれしなぁ

と、喜んでいるのが作家の市野吉記さんです。

 

今日もまたまた、さむっ、さむさむ、しかも雨空だったのですが、市野さんの関西弁がさく裂してにぎやかな一日となりました。

市野さんが帰られた後

やっと静かに眠れるなりにょぉ

 

展示会も明日が最終日です。

16時までの営業となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回、店主は、ご飯茶碗を購入する予定です。

朝はあまりちゃわんを使わないので夜だけになるけれど、「私のちゃわん」になるよう、ずっと使いたいなぁ

 

 

<入荷情報>

大原拓也 ごはん茶碗 再入荷です