寄り添う

今日は、「奥村陶房」さんのうつわについて語ってみよう。

彼の作るうつわには「くすっ」とさせる力があると思う。

今朝は、シシャモとジャガイモ

いや、ご店主、ジャガイモはどこにもないじゃないか

あるんですよ

ここに(笑)

普通に見たら「水玉」だけど、奥村さんはこれを「ジャガイモ」のつもりで描いている。

*おむすびとお新香

*人参ラペ

*白菜と豚肉のお味噌汁

うつわはこちら

 

奥村さんの作品は

「遊び心」があるうつわである

これね

ポテチ鉢

ポテトチップスをザザッと入れて、ごろりと横になりながら映画を観ている図が目に浮かぶ。

初日に完売してしまった陶器のツリーも追加してもらった。

雪が積もっているんだよ。

おじさん・おばさん雛

コロンとしたフォルムが愛らしいけどおじさんなんだって(笑)

もし、みーちゃんが赤ちゃんを産んだら(産めないけど(;’∀’))

きっとこんな感じで

守り育てるんじゃないかしら(笑)

大事に

大事にね。

 

※作品の名前は、おそらく奥村さんの奥さんがつけている、遊び心、あるぅ~

 

 

コロナ禍

疫病退治のアマビエをモチーフにしたものがたくさん出回っている。

みんな思いは同じ。

一日も早い終息だけど、

今、

感染の恐怖を抱えつつ患者さんと向き合っている人たちがいる。

彼ら彼女らにはGO TOも縁がない。

何もできないけれど

彼らの気持ちに寄り添いたい

ダーナラホース

スウェーデンの伝統玩具で「幸せを呼ぶ馬」と言われているらしい。

本来、木製ではあるが、奥村さんは陶器で作っている。

角が取れた丸い馬の置物

店主の身近にはいないけど、

医療に従事している家族や友人がいたら

これを贈りたいと思った。

 

 

こんちにゃー

三毛猫宅急便なり

 

はい(;’∀’)

開梱します

古谷さんの作品、少しだけ追加いただきました。

では、また明日から「巣ごもり冬のうつわ展」再開します。