七夕に願いを

空中湿度80%の朝

重い・・・空気が重すぎる・・・

こういう日は、スカッと爽やか、石垣チームのうつわでごはんしよう。

やまばれ陶房さんの川平湾の海のお皿にサーモン丼

3種のサーモンのってます。

丼はほんとは鉢タイプのうつわに盛りつけるべきかもだけど、あえてのお皿で、食べづらい=ゆっくり食べる→太りにくい、のではないかと。

実際、食べるのゆっくりだった。

これが丼だとガガガーっと食べちゃうだろうと想像できる。

浅漬けいろいろとおぼろとうふの味噌汁で本日の朝ごはん

 

そして7月7日は、そう、七夕ですよ

笹の葉サーラサーラとはいかないので、エバーフレツシュで代用(;’∀’)

願いもこめて

はい、石垣チームこちらは、てまひまの山口さんの粉引

笹団子

爽やかな香りがう~ん美味しそう。

 

今日は早出しなきゃならんのだが、不穏な空気が漂う我が家

あ゛ーーーー

盛大に食べて、盛大にゲロンパした専務は、食べたのに「ごはんくれにょ」となる。

が、

しかーし

同じごはんは食べない

ガンとして食べない

ゆえ

あれこれちょっとずつ並べてみるも

どれも違うわよ的、視線をよこす

あかーんもう時間ないからとこのまま店主は店に向かう。

 

2日ぶりの部長は、また少しスリムになっていた。

白地に星の模様がついている部屋着で口にはスルメをくわえてでてきた大家さん(;’∀’)曰く

(口に葉っぱを加えているドカベンの岩鬼を思い出した)

「なかなか食べられないみたいで・・・」

脱水にならないよう、ちゅーるや水分のとても多いウエットごはんを食べてもらいました。

 

みーちゃん、おばさん、お願いしたから

一日でも長く元気でと。

じゃ、またあしたね。

 

(追伸)

帰宅したら、朝のカリカリはそのまま残っていて、別の場所に置いておいたいつものごはんはカラだった・・・

専務の気持ち、計り知れず