エプロンの役目

休みました

しっかりと

食べました

がっつりと

ヒレカツ定食は、伊勢佐木町のかつ半さん

どうもがんばったあとの定休日になると「とんかつ食べたい」モードになることに気づく。

前回は「勝烈庵」さんで食べたな。

どっちかというと店主は「かつ半」さんのほうが好き。このソースがすきすき、たっぷりね~

 

「朝ーーばあや、朝ヨー、ごはんがないわよー」

姫、お早うございます(;’∀’) まだ6時すぎだよ~(いつもは6時半)

でも、かわいいから!御意!

豚汁と出汁巻たまごの朝ごはん

もりもり食べて、本日は片づけです。

こ、こわいよ

こっそり作業していたのに、入口のカウベルも鳴らないようにひっそりと・・・

仕方ないからドアを開けたら

「あら~よかったぁ、やっと開けてもらえたわ」

と、みーちゃんじゃなくて、ドアの外で待つみーちゃんを見守っていたおばさまたちから歓声があがったのです、はい。

 

今回のワークショップは、盛付けだったので、久しぶりにエプロンを使いました。

結婚していた時、料理をするときはエプロンをつける派だった。

仕事から帰って、主婦業に切り替えるときの小道具だったかもしれない。

母も使っていた。

彼女の場合は、仕事でもエプロンをしていたから、エプロンを外すと「一日が終わった」しるしだったかもしれない。

 

一人暮らしになって、エプロンはとんと使わなくなり、その出番はなかなかやってこなかった。

お久しぶりに日の目を浴びたあなた

なんだか、いい感じだったわよ

ありがとうね。

さて、帰ろ

 

 

「ばあや、おやつがないわよ」

「はい、ただいまー」