市野吉記・児玉美重 展示会2日め

昨日お客さんに教えていただいた市野さんの器を使った「和んプレート」※をやってみました。

※和食の朝ごはんをワンプレートで紹介している#和んプレートが人気らしい

梅の花をかたどった7寸の輪花皿です。

食いしん坊の店主は、どうしても温泉卵を添えたくて、あとぉ、お味噌汁もほしいから、結局ワンプレートに収まらず(-_-;)

いつもはおにぎり2個だし、あーヨーグルトも食べたいし・・・みんな小食なのかなぁ、いや、自分が食べすぎなのかも・・・など「量」のことばかり考えながらいただきました(苦笑)

ぼんやりとにじんだ線が優しい市野さんの安南手のお皿は、たしかに和食がよく似合います。

 

さて、展示会2日め

今日も暑くなりそうだねーとスタッフのカワシマちゃんと一緒に開店前の糖分補給です。

こちらは、色安南といって、黄色やピンクの色がところどころ使われているシリーズの長皿と湯呑みで朝のブレイク

ん?もうブレイク?

 

今日はちゃんと仕事してもらうからねー

へ~い

開店前、一応スタンバっている、みー部長。

このやる気のない顔に一抹の不運を覚える店主。

予感的中

これは夕方、ほぼ閉店間際に再登場した、みー部長の図

マジですかー、今日も食い逃げ&早退してーーもーーー

にゃにかにょ?

そんなところに隠れてもダメっ、めっ

 

とはいえ、人の出入りが多いところでは、そりゃ無理だよね、だって、みー部長は、「猫」だから

もう一方の「猫」

お、おかえり・・・

店主の帰宅にお目覚めのパピ姫

姫はね、姫にはね、おばさんは何でも言うことを聞くばあやになっちゃうの。

だってね、姫にはおばさんしかいないから。

にゃんこの友達もいない

人間も基本おばさんだけ

カラスの勘三郎や鳥さんが時々やってくるけど、友達じゃないし

姫の世界は、おばさんとの二人だけだから。

だから、姫のわがままは何でも聞いてあげたいの。

でも、ね、パピちゃん

 

 

 

夜中の3時に呼ぶのは

勘弁してもらえないだろうかーーー

寝ぼけ眼で見上げた空にまんまるの月がでていたね。満月だったのかな?

パピちゃんは、狼じゃなくてにゃんこだから、満月でも吠えなくていいんだよ・・・(-_-;)

 

にゃぁ~ん、にゃ~ん・・・

 

 

明日も暑くなる様子

皆さんのご来店、お待ちしていますね。