岐阜、工房巡り、絶品に出会う

昨日の続き

今日は恩田陽子さんの工房にお邪魔したお話

伊藤豊さんの工房から車で15分ほどのところにあります。

恩田さんのロクロ

ここから生まれる器たち

元気いっぱいの恩田陽子さん

そして、出会ってしまった絶品に。

白釉に高台部分のみ銀を施した白釉銀彩のうつわ(本日届いたので店で写真に収めました)

美しい・・・

美しすぎる・・・

 

これはどうやって作るの?という店主の質問に実演で教えてくれました。

ロクロでひいたあと、絶妙に乾いたタイミングで

このような肩たたき機のような道具を使い、ポクポク、ポクポク

ポクポク、ポクポク

ひたすら叩いて成形するんです、エッジ部分はカンナなど小さな道具で削り出します。

と、ものすごく大変な作業であることを、これまた、ものすごく嬉しそうに話してくれる恩田さん。

やばい、この人、陶芸バカだ(失礼)

そして成形後、素焼き→本焼き→銀を施してもう一度本焼き

こうして出来上がる「絶品」

石膏型では表現できない、手仕事が作り出す柔らかいライン

見ているだけでため息が出る、いや、動悸がする、美しすぎる、ずっと見ていられる、絶品

 

と、ちょうど開梱している時にいらしたお客さまの目に留まり

カップをひとつお持ち帰りになりました。

このお客さんと店主のやり取りを

へぇ~(興味なし)

この態度だ(-_-;)

ぜひ店舗で実物を見てほしい、動悸がしますよ、美しすぎて。

 

*伊藤豊さん、恩田陽子さんの器、準備ができ次第販売開始です。

 

みーちゃん型箸置き絵付け体験にいらっしゃたご夫婦

飼っているにゃんこの写真を見ながら、黙々と作業です。

型のモデルはというと・・・

スヨスヨ~

みーちゃん

年取ったな

お肌のハリが・・・(;’∀’)

 

めっきり涼しい秋の朝

何でもチーズ焼き、お久しぶりの登場!

(注) デザインプレート(四角)、こよなく気に入り、毎日使っております、はい。

耐熱皿のシーズン

*清じいのグラタン皿、今月末くらいに入荷の予定

 

「タッキー」の電撃引退

「安室ちゃん」ももうすぐだし

「半分青い」は佳境に入り目が離せない

明日から「東京ラブストリー」が再放送開始(お客さん情報)

パピさんの「秘密基地」もどうやって冬バージョンにしてあげようか悩み中

あぁ、何かと忙しい

季節の変わり目

皆さんも体調ご留意を!