[ひとり言] お別れ旅行

今日、臨時休業したのは、

昨日からナンシー(大家さん)と、お別れ旅行に出かけていたため。

 

ヒルトン小田原リゾート&スパ、行ってきました。

相模湾を望む小高い場所に立地するゆえ、客室はすべてオーシャンビュー

ナンシー、奮発して最上階のお部屋♡

わーい(の気持ちを足で表現)

リゾート&スパというくらいなので、天然温泉・岩盤浴・プール・ジャグジー・サウナ・スパ・フィットネス・ゴルフ・テニス・・・などなど、およそ体を動かすための施設が充実。

到着後、店主は早速プールへGO

泳いだわー、何年ぶりだろう、泳いだわー、好きだから水泳。

程よく疲れた体は

温泉でほぐされ(また足でごめんね)

翌朝は、早起きして

散策路を散歩する

だれもいない

そこは鳥のさえずりと新鮮な空気で満たされていた。

気持ちいいという陳腐な表現だけれど、気持ちいいんだ。

 

仕事が趣味で好きだから、全然苦にならなかったが

パソコンから離れて自然の中に身を置くことは、

実はとても大切で「リフレッシュ」とはこういうことなんだと感じた。

 

「帰るのやめなさいよ」

事あるごとに冗談でいう。

「人生の転機を迎える年頃だからね」

ともいう。

 

自分の存在が誰かの役に立っていたようで、ほっとした。

母と二人で旅行をしたことはなかった。

『富士山の見える場所に家を建てて一緒に暮らせたらいいね』

生前、まだ元気だったころ、母が言っていた。

なんの冗談かと取り合わなかったが、今は、そういうことを口にした母の気持ちもわかる気がする。

 

6年間、お世話になりました。

心から感謝申し上げます。

 

 

 

お互い、にゃんこを留守番させての1泊

帰宅後

いた

ちょっと怒ってる?

あっ、怒ってますね(;’∀’)

ごめんねー

おばさん、元気いっぱいで帰ってきたから~

ありがとーねー、パピさん

 

お土産はねー

1キロ太ったおばさんでっせ~

食べてばっかりだったからねー(笑)

(追伸)

半ビュッフェ形式ゆえ、何か取りにいくたびに

使い捨て手袋装着

マスク会食の徹底

ござった。