銀座江戸前食べ納め

こっちを離れる前に、「銀座で鮨、食べたい」という店主のわがままを叶えてくれた。

いつもの友ふたり

東銀座の「おのでら」さんに行ってきた。

今日のブログは、すしざんまいだよ。

ここの料理人さん、みんな坊主

めずらしく女性も板場に入っている

しごと、してます

一品目は

蟹とゆり根の茶碗蒸し

美味である

いやーん

松茸と鱧の天ぷらだ

松茸の香りが鱧に移って、得した気分

めずらしい、ブリの漬け

上にかかっている薬味はひっそりと10種類も入っているとのこと(すまん、わからんかった)

車エビかボタンエビ

どっちにする?

もちろん、ボタン!

とろける・・・

のどぐろの炙り

皮が香ばしくてたまらんのぉ

大トロは

白い筋を全部のぞいてあったゆえ、中トロみたいな見た目だが、味はしっかり大トロ、とろとろ。

あまりに美味くておかわりした

バフンウニの軍艦

う、う、うますぎる・・・

他にも、イカ、赤身の漬け、いくら、たまご・・・どれもこれもひと手間かけて仕事している鮨だった。

ちなみに、備前のうつわは、おそらく藤原家のものと思われる(人間国宝排出した家柄よ)

 

最後は、抹茶のブランマンジェ

ふ~ん、ふ~ん、満足~

 

二人は、久しぶりに店で飲むお酒にテンションあがり

私は、大好きな赤酢のシャリに感動する

 

あぁ、銀座で江戸前鮨、

これにて食べ納め。

 

追伸

江戸前なんだが、「光り物はちょっと・・・」といったので出てこなかった(;’∀’)

満席の店内、私たちが最高齢で、若い人ばかりだったのも驚いた

みんな大手を振っての久しぶりの外食だから奮発したのかなぁ

 

帰宅したら

すねていた。

パピさんにもおいしいカリカリ、あげますから~

 

明日は、横浜にいるうちにやっておきたいこと

「ニューグランドでドリアを食す」

に行ってきます。

 

さて、荷造りの続き、続き。