ぼちぼち

残暑は厳しく

作り置きは、やっぱり自分には向かないと改めて悟った今朝

どら鉢と平マグを使って、お弁当風に盛付けてみた

作り置きの「茄子とひき肉炒め」「蛇腹胡瓜の甘酢づけ」もってせいぜい3日の猛暑の夏。

毎日食べなきゃならず、飽きたので盛り方変えた次第(-_-;)

豆腐はミキサーにかけてスープ風にし、凍らせ胡瓜をすりおろして、ゴマ味噌ソースをかけて食す。

 

うつわはこちら

村井さんのスクエアプレート、いろんな「役」がこなせる優れもの

吉永さんのどら鉢と平マグ

 

ぼちぼち始動しないとと思っている中、友人とランチ

料理やうつわの見識を広げるためにも必要なの。

今日のお店は、馬車道のレストラン「PRIMO(プリモ)」

サラダのお皿は、ガラスじゃなくてプラ?アクリル?

とても涼し気

お店の看板メニューのひとつがこの小さな角食、しかも焼きたてが供される

専用のプレートを作ったんだなぁ

料理への気配り

季節を感じさせるうつわ使い

スタッフの行き届いた接客姿勢

コロナ対策は特にされていなかったのが残念だけど(店主たちは、他のお客さんとは、離れた席をリザーブしたので安心だった)

素晴らしく気持ちよく食事ができるお店だった。

当然

満席

だよねぇ~

 

会話の中で

「リモートワークになっているので、今まではできなかった観葉植物を買ってお世話してるの。グリーンがある空間って、気持ちいいわね」

と、友人は言う。

猛暑につき室内に避難させたこのコは、にょきにょきと成長し、また花をつけようとしていたので

開く前にカット

これが開いて、たんぽぽのようにふわふわと落ちるのですよ、掃除が結構大変なのですわ(;’∀’)

 

朝、ごはん前のパピさん

ボリューミー(笑)

 

そうだね

今までできなかったことが、できるようになったこともある。

コロナ禍の夏

ぼちぼち始動しないと、だ。