変わらないことのありがたさ

昨日遊びに来てくれた彼女たちのうち、1名は「食べられないもの」が非常に多い

ほんとは「タイカレー」じゃなくて「エビマヨ」と「ミルクスープ」にしたかったワタシ

本日実践

春菊のサラダにエビマヨ

白菜と干しエビのミルクスープ

乳製品と肉が食べられない彼女

やだー、ワタシ乳製品と肉が大好きなんだもんねー

本日のボクメシでした。

 

うつわは、恩田陽子さんの作品

来週、工房に行ってきます!

 

今日は、もうひとりの同期の桜のお家に遊びに行ってきた。

道中、懐かしい道

街路樹がめっちゃ大きくなっていて驚いたとともに月日が流れたことを感じさせられた。

ブーーン、と車で約30分

顔を見た途端に目が潤んだ

Mちゃん

数年ぶりの再会(横浜の店にも来てくれたから)

なんでだろうか。

彼女の顔を見ると妙にほっとして、涙がこぼれるんだ。

双子のお孫ちゃんに囲まれて、穏やかに暮らしている彼女は、変わらずここにいた。

ずっと、変わらず、そこにいる。

それがとても嬉しくて、嬉しくて、たまらないんだ。

 

もひとつ楽しみにしていたのは

「にゃんこに触れられる」こと。

2才くらいだという彼女は、店主の予想を大きく翻しての「ビビリなんだわ~」とのこと。

えーーーーーー

マジデスカ――――

触れないのーーーーー

と、失礼なくらい残念がる店主に、お孫ちゃんが持ってきてくれたのは

 

 

動くんだぜ~(-_-;)

にゃーん

なでなでしてきました、はい。

 

イケイケゴーゴー時代を一緒に過ごし、それぞれ離婚を経験し、会わなかった時間のほうがはるかに長かったけれど、彼女は変わらずそこにいた。

ありがとう。

心から、嬉しいよ。

 

ほっこり温かい心で帰宅した。

あれ?

その顔は、なんかやらかしたのか?

やらかしました、はい。

「この上にある窓に登りたかったのだが、カーテンがかかっていて、落ちました」

ということ?

あっ、逃げた

 

大丈夫、いいんだよー

珪藻土の壁だから、完全には戻らないけど指でこすれば

目立たなくなるんだぜ~

へい、パピ!

 

明日から11月

冬が近づいてきます。