[ひとり言] 救われて

昨日は、ポンポンに腫れている指でバイトにいったら、みんなが(当然だが)「どーしたのーー」となった。

深追いしすぎない程度に心配して私ができないことはサポートしてくれる。

バイト仲間は、いい人に恵まれた(ありがとーございます)

 

パピさんとの関係が振出しに戻った記事をみて

「ちょうど新居にも慣れて寂しさがこみあげてくるであろう時期だから、パピさんのことと相まってワタシが落ち込んでいるんじゃないか?」

と、連絡をくれた人がいる。

 

ご名答~

 

彼女は、お店のお客さんだったけど、実は数えるほどしか会っていない。

ワタシと同じ、高卒の叩き上げである(この時点ですでに親近感(笑))

想像できないほどの努力と根性(たぶん)で、ぐぐっと頭角を現して会社の中枢になくてはならない存在となっている。

 

想像力が豊かな人だ。

この想像力は、とても大切で、相手のことを考えて今何を欲しているかを想像するのである。

それには、やはり経験が必要で、いろんなことを自分で見て感じることが大切(だと思う)

年下だけど、大変ありがたい存在で、リスペクトしている。

 

彼女が横浜を脱出(地方へ移住)したら、逢う約束をして別れた。

いつになるかわからないが、必ず逢えると信じてる。

 

 

本日のボクメシ

葉つき大根が売ってたので

*菜飯のおむすび

*ふろふき大根肉みそかけ

なんか、気持が凹んでるからおかずも質素(;’∀’)

せめて

2つ食べるか

横浜でいただいた「ごはんに合う味噌」を使って味付けしたから、間違いない!

 

うつわは、宇田康介さんの作品

来月から販売開始予定

お正月にいいよ。

 

専務は

外を眺め

おばさんを見つけると

警戒スイッチオン

 

パピさんはパピさんでそれも個性

世界に一匹しかいない愛猫だよと慰めてくれた友もいた。

うん、ありがとうね。

 

でも、もしかしたら専務は退任するかもなぁ。