何かが・・・

昨夜思い立って作った「りんごのパウンドケーキ」

[ 器:市野吉記 色安南 楕円皿(大) 4,500円 ]

うーん、何か足りないのだろうか・・・

ステンレスの型に入れないとだめなのか?

いや、ずいぶん前だが紙の型だけでちゃんと焼けた。

なーのーにー

なんでこんなに広がっちゃったんだろう(くすん)

しかも、りんごがゴロゴロ入っているので恐ろしくカットしづらい(;’∀’)

けどねー

めっちゃおいしかったわ♡

今回は、天然生活にのってたレシピで作った。

(小麦粉もグラニュー糖も、レモン汁もレシピのおっしゃる通りにした)

普段の料理は目分量の店主

お菓子作りが苦手なのは、この量る作業をはしょるからだと今更ながら実感した次第です、はい(;’∀’)

ちゃんとやれば、美味しくできるのねぇ

 

リンゴのケーキだから、りんごのお皿にと思い、食器棚の奥から取り出そうとしたら・・・

「あっ」と手が滑った瞬間、「パリン」という音とともに真っ二つになったリンゴ皿

この瞬間、身体は固まりしばし呆然とする店主。

陶器は割れ物だから、割れます。

お客さんが「この前割っちゃって・・・」と言われると「仕方ないです、割れ物だからね」なんて軽く言っているものの、実際は大いに動揺します。

しょんぼりしつつも、食べたさが勝り、結果、パウンドケーキは小さいサイズのりんご皿に盛付けられる羽目に。

ちょっと窮屈~(だよね~)

 

 

元町の裏道沿いにある昔ながらのお肉屋さん「大木」

ここのコンビーフがとってもおいしいのよーと教えてもらったので買ってみた(午前中で売り切れるらしい)

缶詰以外のコンビーフを初めてみた(;’∀’) ※おにぎり作っていたせいか、なぜか米粒がひとつついちゃった

その場でスライスしてくれます。

使い慣れない食材はメニューを思いつかず、そうだ、キャベツと一緒に食べよう!と安易な発想の結果

キャベツと紫玉ねぎを炒め、コンビーフをほぐしてサンドイッチにした朝ごはん

 

パウンドケーキといい、コンビーフといい、あと一歩、何かが足りない本日でした。

これを上から見ている今朝のパピさん

むっくむくです(たぶん)