思い出の味、母のコロッケ

昨日の定休日は、結局、掃除と料理をして過ごしました。

なんだ、今日は、ばあや出かけないのかしら・・・

「家政婦は見た」状態で終日店主を観察するパピさん

観察する(笑)

久しぶりにホットケーキ

ヨーグルトとメープルシロップ

そして、町田裕也さんから差し入れでいただいたじゃがいも「きたあかり」でコロッケを。

子供のころ、家のコロッケは、シーチキンコロッケだった。

普通のコロッケは、いつも行くお肉屋さんで買う。

家で作るときは、シーチキン。

「お母さん、今日の晩御飯なに?」

「シーチキンコロッケだよ」

「わーい♪」

そう、私はこのシーチキンコロッケが大好きだった。

母は、牛乳を入れてみたり、溶かしバターを入れてみたりといろいろ工夫をしていた。

子供だった私は、母が俵型にまとめたコロッケに小麦粉、溶き卵、パン粉と順番につける係だった。

シーチキンコロッケ

今朝、揚げました。

揚げていてふと気づいたことがあります。

あぁ、お母さんはきっと『カニクリームコロッケ』のつもりでこれを作っていたんじゃないか、と。

だからお肉じゃなくてシーチキン(カニ缶は高いからね)で、形は俵型なんだ、と。

きっと、どこかレストランで食べたときの味が忘れられなかったんだなぁ。

お母さん

今ごろ気づいたわ。

カニじゃなかったけど、私はこのシーチキンコロッケが今でも好きだよ。

母に敬意を表して、ソースはコロッケの下に。

ね、カニクリームコロッケみたいだね。

お供の豚汁も母の味。

お彼岸だからかなぁ、何だか懐かしいものが作りたくなった定休日でした。

 

そして、それらは今朝の店主の朝ごはんとなり、胃袋と心を満たしてくれました。

*コロツケのソースは、めんつゆ+マヨ+すりごま+オリーブオイル(少々)、和風感いっぱいでうまいよ

*器:町田裕也 伊羅保釉 7寸プレート、ゴブレット

 

胃袋と心が満たされた店主のケモノロスを満たしてくれるこちら

あ゛あぁぁ

あ~

すりすり~

ハグハグ~

外は本降りの雨

外に行きたいけど濡れるのはいやなみーちゃんの雨の日の定位置

少し開けてある窓から入る外の匂いに安心するようだ。

 

雨の中ご来店くださった皆さん、ありがとうございました。

カフェもやっていると思っていらっしゃった方もあり、失礼しました~。

「パンとひと皿二人展」

皆さまのご来店、お待ちしております、雨だけどねー(;’∀’)

足元気を付けてお越しください~