北西より友来る、中秋の名月の夜

今日は中秋の名月

ごはんを作らず、こんなんしていた。

お月見団子

ちょっと黄みを帯びているのは、甜菜糖を入れているから。

まんまるだと積みにくいと思って、少し凹ませたりしたが

つ、積めない(-_-;)

つるつるして積めない

お客さんとそんな話をしていたら教わった

「蒸すとねばねばしてくっつくらしいよ」

くぅぅぅぅ

残念ではあるが、自分的には満足しているので良しとする。

用意したのは、みたらしのタレときなこと黒蜜

お月さんみたいだねぇ

中秋の名月は、必ずしも十五夜で満月じゃない。

まんまるの月にほんの少し満ちていない十三夜、十四夜の月の方が味があって美しいという人もいる。

今日は、それにあたるんだよ。

うつわは、市野吉記さんのいろ安南

鹿がいる(笑)

※市野吉記さんのうつわ、少し入荷しました。ほんとにちょっとなのでオンライン販売は未定です、ごめんなさい。

 

ねえ、みーちゃん

今日ね、おばさんの旧友がやってくるんだよ

はじめて会ってから30年とはいわないけれど、それに近い月日が経っているんだ。

彼は、仕事のつきあいもあったけど、8つも年下だけど、ずっと友達なの。

楽しみだわ。

にょぉ(へぇ)

 

ということで、早く帰りなさいと閉店と同時にご帰宅いただいたのに。。。

戻ってきたーー

だめーー

 

4年ぶりくらいに会う彼は、変わらない体型(高止まりだと言っていた(笑))とえへへという笑顔とともにやってきた。

近くで食事しながら、他愛ない、ほんとに他愛ない話でお酒も美味しく、それでも昔話(あの時ああいうことあったよね的なやつ)はほとんどなく、「今」を一緒に過ごしている感覚がある。

そういう友は貴重だ。

今宵は

月を

愛でましょう。

 

明日は、店主自宅勤務につき、カワシマちゃん、よろしくー