母の味

買い物に行けてなくて、冷蔵庫が寂しい・・・

どうしようかと考えていたら思い出した。

母がよく作ってくれた

ツナコロッケ

常備野菜のじゃがいもと玉ねぎ

常備食のツナ缶

いつも家にあった食材

そして、ツナコロッケは「俵型」にするのが我が家の決まりだったんだよね。

それは、今も踏襲されているが、

ブロッコリーもみじん切りにして入れちゃえ~と

中身はその時々にあるもので若干変わったりもする。

本日の朝ごはん

アサリが

アサリが

小石かと思うくらい

小粒だった(-_-;)ことを除けば

今日もおいしくいただきましたー

 

市野さん~2日間でほぼなくなりつつあるよーーと泣きを入れ

急遽、取り急ぎ、手元にある作品を送ってくれた。

開店30分前にクロネコさんが届けてくれた。

今日明日、臨時でバイトに入ってくれる助っ人さんとワシワシ開梱

それをみていた三毛猫さん

オーマイガー(と言っている)

みーちゃんもにゃんばって片付け片付け、はようはよう、12時になっちゃうなり~

並べたはなから、嫁に行くうつわたち

まだお値段シールつけてる最中の助っ人さん

 

ひと段落して

仲よくしようなり

親愛のふたりです(笑)

 

市野さんのうつわは、個展終了後(前倒しになる場合あり)、在庫状況にもよりますが、オンラインショップでも販売する予定です。

 

 

お母さん

今日もたくさんの人が来てくれたよ。

ありがたいね、ほんとに、ありがたい。

店を始めるとき、

58歳までやったら蒲郡に帰る、と決めていたんだけどそれが2年ほど早くなっちゃったわ。

 

今までも転機は何度もあり、

いつも「次」が楽しみで寂しいと思ったことはなかったけど

今回は、寂しい

横浜を離れることが寂しくてたまらない。

自分で決めたことだけど、寂しいんだよ、お母さん。

 

そして、ツナコロッケは、お母さんが作ったもののほうが・・・美味しいわぁ。

 

(追伸)

蒲郡に戻ってから、年内は新生活の基盤を整え、

年明け2022年1月から

「ボクノワタシノ。」オンラインショップを再開するよー!

 

(おまけ)

石川町に新しく「フルーツ大福」のお店ができた。

くしくも愛知は名古屋のお店「覚王山 弁才天」

気になっていたけど行けてなかったが、今日、差し入れをいただいた。

ラッキーうれしー♪

まんまみかんが一個入ってます。

うまいっ

ごめーーん

切り方間違えた(;’∀’)