金継ぎ相談会、最終回

夜中に叩き起こされた(この表現がぴったり)

『避難指示』の大音量アラーム

時間は1時20分くらいだった

ボクノワタシノがある山手町も対象

崖があるからなぁ

しかし、ちょうど深い眠りに落ちたところに、キツイなぁ、いやいや、何か被害があってからじゃだめだから、いいんだよな、などとぼんやりしながら、窓の外を見れば土砂降りだった本日。

 

くしくも今日は、ボクノワタシノで開催する金継ぎ相談会の最終回

振り返ったら、2017年7月からスタートし、延べ140名の方が大切なうつわを持っていらっしゃった。

鶴田せんせい

たくさんのうつわに新しい命を吹き込んでくれました。

ありがとーねーせんせい。

実は、せんせい、鎌倉のギャラリーで引き続き金継ぎのお仕事をする予定だったのだが、やはり自宅の工房ですることにしたらしい。

うん、その方がいい。

いつも先生は、およそ行商のおばあちゃんのような荷物を背負ってボクノワタシノにやってくる。

今ではすっかり見なくなった行商のおばあちゃん

先生はそれに負けない頑張り屋さんです。

ご自宅の工房(こかげ工房)では、陶芸体験もできるらしいので、また新しい風が吹くといいねとお別れしました。

お世話になりました。

 

さて、みー部長は

外がいいなり

外がいいにょ(バックヤードの半外の倉庫)

昨夜の大雨の中でも外にいたらしい。

エアコン、いやだね、ごめんね。

 

<本日のお客さん>

マルチに活躍する店主が勝手にこう呼んでいる

「桃ちゃん」

ダンスの先生であり、塾の講師であり、イベントのプロデュースもする彼

記念撮影

いつもありがとうね、桃ちゃん

 

<本日の朝ごはん>

ナンピザと野菜ジュースに桃とさくらんぼ

さよなら、オートミール

 

中村さんの作品は完売し、次回の展示会まで店内ちょっと寂しいよー