同期の桜、来訪

横浜時代からちょいちょい登場していた「同期の桜」

昨夜、単身赴任先の横浜から帰ってきていたので

ご主人と一緒にお招きしました。

彼は、一級建築士でご自宅で事務所を構えており、

そんな彼に

「いい感じだよ」

と言われて、嬉しいワタシです。

本日のメニューは

彼女はあまり和食を作らないので、和食にしたの。

書き出してみるとたくさんあるように見えるが

並べてみたら、そうでもない(-_-;)

前菜的なおかずたち

メイン以降は写真を撮るのを忘れてしまった(失態)

 

こうして人を招いてみてわかる

 

「お皿がない」

 

ええーうつわ屋さんなのに、そんなはずないでしょーー

 

ううん、そんなはずなの。

だって、ほとんどが1枚ないし2枚しかない、かつ、いろんな作家さんのものが入り乱れているため、なかなか組みあわせも頭を使う。

 

結論

気に入った作家さんの作品はある程度揃えた方がいい

 

あれもこれもこっちもそっちも、ちょろちょろは

難易度高し~

 

 

あら、パピさん

何してるの?

何んや?

ううん、呼んだだけ

開いてるのに外に行かない

パピ心の声

「ここは外やあらへんからなぁ」

 

そう、デッキは囲まれていてほんとのお外には行けないのである。