ういろう

じゃがいも好きが止まらない(;’∀’)

お皿だよ、じゃがいも柄の。

直径17センチにおむすび一個。

福岡は、稚加栄の辛子明太子~

年に一度お取り寄せする好物

*豆腐と油揚げとほうれん草の味噌汁

*リンゴとヨーグルトは、古谷さんのりんご鉢に。

 

思い返せば一週間前の今夜

がつがつとんかつを食べて深夜の大惨事となった。

その翌日

いただいた

なんてことだー

この仁丹みたいな様子のお薬は、中国で約1千年、日本で600年以上続いている「外郎家」秘伝のお薬。

外郎家(ういろうけ)は朝廷に仕えていたらしく、客人のもてなしにお菓子の「ういろう」を作っていたのがはじまり。

薬とお菓子

どちらも「ういろう」

店主の地元愛知県が発祥だと思っていた「ういろう」は、実は小田原だったのねーー

という、お話つきの差し入れでした。

「小田原といえばかまぼこ」改め「小田原といえばういろう」にしたい。

※このお薬、歌舞伎の二代目市川団十郎の持病を治したことから、団十郎創作の歌舞伎十八番「外郎売」のセリフ(ぶぐばぐぶぐばぐみぶぐばく…という早口言葉みたいなやつね)ができたというおまけつき

 

これで安心

夜のとんかつ(笑)

 

朝のぐにょぐにょ

見てるかにょ?

うん、見てる、見てる

ちゃんと見てるかにょ?

うん、見てるよー

ぐにょ

うにょ

見てるかにょ?

見てるってばー

にょほほほほほほ

ご機嫌さんです(;’∀’)

 

「巣ごもり冬のうつわ展」

明日が最終日。

お見逃しなく。

 

(追伸)

今日の感染者数は、全国で3000人を超えたというニュース

感染防止対策として、「入店は6名さままで」を厳守して運営します。

お待たせすることもあると思いますが、どうぞご理解いただきますようお願いします。