白と黒が始まる

スパム

一人もんの店主にはひと缶を一度に使い切るのが難しい。。。

豆腐も然り

で、その両方を使って

豆腐チャンプルー

豆腐だけ先にしっかり焼き目がつくまで焼いておくのが崩れないポイントみたい。

キノコのラグーでミルクスープとひじき煮の朝ごはん

あっ、米はチャンプルーの下にちゃんといますので。

 

 

2日ぶりのみーちゃん

大家さんが「欲しがったらあげて」とわざわざ言いに来たくらい、食べていないらしい。

みーみー

どーした?

食べたくないの?

(たしかに、いつものようにクレクレタコラじゃない)

おばさん心配

心配

心配しつつ

自分も心配

貨物列車のように並んだ納品の段ボール

がんばれ、わたし

白と黒

山田茂樹さんの白と黒(写真左側)は、ぽってりとややつやのある白と黒。

山本雅則さんの白と黒(写真右側)は、さりさりとした手触りとマットな焼き上がりで、ベージュと緑みがかった黒。

オンライン掲載の準備しなきゃーーー

明日の夜から販売できるよう準備します。

白と黒

この組み合わせで作品を作る作家さんはけっこう多いが、みんなそれぞれ個性があるのよ。

次の白と黒は、岐阜県の額賀円也さん

 

なんとか片付けも終わったころ

だ、だいじょうぶ、み、た、い、ね(;’∀’)

 

いよいよ明日から2日間にかけて、穂屋工房さんの作品が納品される。

楽しみだわぁ~。