小倉夏樹さんに会いに

パピさん、行ってくるよ

蒲郡にきて、初めて終日のお留守番です。

 

愛知県は瀬戸市

蒲郡からだと車でも電車でも1時間半の距離

彼女は元気だった~

今年の6月に横浜の店で開催した展示会に出品するはずだった

お重、はい、店主の好きなフタモノです。

このフタモノはクセモノで

なんと

蓋が開けづらいことこの上なく、作品としては出品できなかった次第(-_-;)

それでも「これ、作るの楽しいです」と、改良計画をたてて再度チャレンジすることになりました。

この蓋

お皿になるなと

ココロで思うワタシ、楽しみ楽しみ♪

もひとつできた楽しみは

コレ、いいわぁ

小倉さんと一緒に活動している彼の作品

以前と作風が変わり、小倉さんのうつわとの相性もとてもいい感じなの。

なかなかの凝り性さんのようなので、確約はできなかったけれど、彼が納得できるモノがあがったら来年3月、小倉夏樹さんの個展と一緒にご紹介しまーーす。

若い彼らと楽しい時間を過ごし、店主は本日の目的のもひとつを達成しに名古屋に出る。

 

コレヤーー

ひつまぶし

ああ、何年ぶりだろうか、備長炭でパリッと焼けた蒲焼を食すのは・・・

(関東は蒸してから焼くから柔らかいのですが、直焼きなのでパリッと香ばしいのです)

まずはそのままいただき

2杯めは

薬味をたっぷり入れて食し

3杯めは

わさびをのせてだし茶漬けでいただく

くぅーーーうまい。

本来はこれでおしまいだが、店主は最後にもう一度ふつうに食べるのが自分のセオリー

満足

満足

そこに出してくれたのが

煎茶

お口の中、さっぱりとするあるよ、はい。

オリジナルで作られたであろうこの湯呑み

「不安定だなぁ」

「この形だと茶托があったほうがいいなぁ」

など余計なお世話的なことをココロで思いながら

ごちそうさまでした。

おやつの時間だったからすんなり入れたけど、ほぼ満席だった。

サラリーマン、多かったなぁ。

 

本日の目的達成

楽しい一日

ありがとう。