一年は四年

黒いマット釉の器は、油シミになりやすいから、ちゃんと一晩水につけて吸水させてから使うのよ。

はーい。

けんちん汁~

大きめのお椀感覚

温泉卵、きゅうりと赤大根の浅漬け、おにぎりとイチゴミルク、けんちん汁が主役の朝ごはん

薄い仕上げだけど、口元は丸く仕上げてあるので、直接口をつけて飲んでもいい感じの、山本さん新作スープボウル(大)

ええよー

 

朝ごはんを食べ終わるとここに来る

ここは

アラジンさんのとなり~

籠ちゃんには入らず、ここがいいらしい。

なんだか、いよいよ、人間っぽい顔になってきた部長。

11月も終わりますよ、明日から12月でっせ。

月日は等しく流れるけれど、人間の一年は、猫にとっては四年の歳月。

ええ、みーちゃんが、おばさんの歳を追い抜くのも時間の問題。

そして近づく

お母さんの歳に。

大家さん、お迎えです。

 

 

(おまけ)

「寝ている主人と子供をおいて、一人で医者に行き、2時間後には産みましたー」と超絶明るく言い放つお客さんの二人目のお子さん

まだぐにょぐにょの二か月

君のママは、本当に自然体で、おばちゃんは、いつも羨ましいなと思っているんだぞ。

たくましく大きくなれよー

※彼女は一人目もスポッと産んだのです(;’∀’)