すべては猫様のため

朝ごはん

久しぶりに、おあげさんを炊いてお稲荷さん

ちょっと砂糖が遠かった(;’∀’)

新物の里芋

今日は味噌汁に。

父の大好物だったんだよねー。

今朝は昨日までの猛烈な湿気がなく爽やか。

あったかい味噌汁が本当に「おいしい」と感じられる朝でした。

そして、うふふ

てんこもりもり、盛りました

 

昨日の夕方、ナンシー(大家さんです)が来て

「明日、出かけるから、みーが外にいたら、あれだから」

翻訳します

「明日、泊りで出かけるけど、朝、みーが家に入らなかったら、外で過ごすことになるから、ごはんだけお願いしていい?」

御意!

 

そして、「今日はみーちゃんに会えないんだなぁ、仕事はかどるな」

えっ

ええーーー

 

時は過ぎ、17時

「追い出されませんように」との願いを全身から発しながら籠で寝ているみーちゃん。

今日は野宿だから、もう少しここで寝かせてあげよう。

ということで、本日、閉店後、一時帰宅し、パピさんのごはんと自分のごはんをしてから、またまたボクノワタシノへ、で

ナウ

いたいた(そりゃそーだ、いなかったら大変)

心なしか、心細かったオーラを発している

いろいろこまごま雑務を終えて、察するみーちゃんは、全く「外に行く」気配をみせない。

では

爪パッチンでもするかー

猛反撃にあい、断念

店主に背を向けつつも、近くを離れず、お耳はしっかりこちらに向いて・・・

 

いつもは、

おらおらのみーちゃんだが、なんだか寂しい後ろ姿だねぇ。

ごめんよー

ぼちぼちおはさん、帰るねー

そろそろ野宿がきついお年頃

ナンシーに言ってみよう

「出かける日は、みーちゃんが騒いでも外に出さないほうがいいですよー」

 

明日、カワシマちゃんが来るから、ごはん、もらいなよ。

店主、明日は、留守をします。