蕎麦とお茶

梅雨はしとしと雨だけじゃなく、気温もアップダウンと忙しい。

梅雨寒が続く、今朝はお蕎麦にしました。

はい、きつね蕎麦

ポイントは、焼いてから煮〆たお揚げさんです。

これが、思いつきでやってみたけど、激うまでして・・・

魚焼きグリルで焦げ目がつくまで焼く→砂糖2:醤油1の割合のたれでサッと煮る(ちょっと水で割った方がいいけどね)→一日おく。

香ばしく甘辛く、あまりにうまくて一人感激の朝。

感激といえば、産休でお休みしていたロクロ師が復職し、この線彫りの鉢の制作が再開されたこと。

一年のブランクをものともしない技量に、感激してます。

 

お出かけ前に、ウインナーコーヒーで糖分補給

パピもほしい・・・生クリーム・・・

はいはい、ちょびっとね(小指の爪ほどの生クリームをそれはそれはお皿がピカピカになるほど舐めあげる姫でした)

 

さて、こちらは

荒ぶる部長

しっぽのブンブンが半端ない(;’∀’)

もう、部長ったらぁ、今日もかわいいですよぉ~

止まった、しっぽブンブン

やれやれ

 

最近、お茶用にと豆皿や小湯呑みをお求めの方がちらほらあります。

店主も知り合いからいただきました。

およそお茶とは思えない斬新なパッケージに驚いたがれっきとした煎茶でした。

小湯呑みで少しだけ

口の中で転がして香りを楽しみ、のどごしを感じ、舌で味わう。

おいしいねぇ。さっぱり系のお茶でした。

 

そういえば、昨年の12月の展示会でお客さんにお出ししたお茶が「おいしかった」とのお声を時々いただきます。

店主の先輩が用立ててくれた、地元愛知県は西尾市のお茶屋さんのものです。

大和園 新香

昆布のうま味を感じるお茶で、かぶせ茶と煎茶のブレンドなんだって。

ええっと、かぶせ茶って・・・お茶はよくわからないのでググってみました。

「OKグーグル、かぶせ茶って何?」

「かぶせ茶に関する情報です」

玉露と煎茶の中間がかぶせ茶らしく、玉露と大きく違うのは遮光する期間ですって。

昔、店主の父の実家でもお茶を作っていて(やはり西尾市です)、子供のころ、茶摘みをしたことを思い出しました。

今日は夏至

もうじき二番茶の茶摘みが始まります。

 

(追伸) 明日は店主所用につき不在、カワシマちゃん、ヨロシク