舌は覚えている

今日もいい天気

極楽よ

猫の肉球と鼻の色はリンクしていて、パピさんは薄い桃色。爪、切ってあげたいけどなぁ、無理だよなぁ・・・

さて、定休日の本日

今日は、このうつわを使いたくて、何にしようか考えた。

7寸サイズでご覧のようにリムがかなり大きい。ふむ、あまりたくさん盛れないけど、深さがあるからスープ系もいいか。

チキンとあさりのトマト煮スープ仕立て~

器は、予想通りスープ系が得意で、意外にたくさん入りました(;’∀’)

*縞リム皿 7寸 小倉夏樹

 

仕上げにオリーブオイルをくるりとひと回し

このオイル、スペイン産で「ピクアル」という品種のオリーブで作っているそうです。「お料理の仕上げにどうぞ」ということでしたのでいざ実践!

わ、すごい、青いところが残っているトマトの匂いがする~とっても香り高いオイルです♡

これは、これは、珍しいと、ググってみました。

ジョエル・ロブションやリッツホテルなどでも使われているそうです。ありがとうございました~

 

 

昨日の新聞に最近はやっている「作らない料理教室」というのがありました。

講師が作るのを見ているだけ、あとはできたものを食べるという教室ですって。参加者は40代50代が多いと記事は書いていました。

このくらいの年代になるとそこそこなんでもできる。経験も積んできた。知りたいのは、作っているときの細かい手順だったり、実際に先生が作ったものの味なんだ。

なるほどねぇ、妙に納得!味を舌で覚えるのはとてもいいと店主も思います。意外に覚えているもので、今の店主の料理を支えているのも、会社員時代に散々外食しおいしいものを食べた経験。

たまには連れて行って、ねぇあなた(笑)