食器に・・・

パン皿だと思っていたら、トースト皿というネーミングだった直径約20センチのこちら

照り焼きチキントーストにしました。

照り焼きチキンにはマヨネーズと決めている店主、はじまりはモスバーガーのてりやきバーガーだったなぁ

ちょっと味のアクセントにいりごま少々と茗荷をトッピングです。

 

そして、一回り小さい直径約16センチのケーキ皿

夏日だった今日は冷たいデザート

コレ、ジャイアントコーンの上だけです(;’∀’)

店主はコーンが好きで上のアイスクリームだけのところはあんまりどっちでもよくて・・・(要は上のアイスだけ残っていたの)

せっかくだから

いただいたビワジャムを!

青い器とビワのオレンジ、反対色の組み合わせはビビットで夏らしい。

暑いわよ

ばあや、何とかしなさい

ええっと、日陰に移動してはどうでしょう(;’∀’)

そうね

 

恩田さんの器を使いながら思ったわ

以前、好きだった陶器の花器

これも陶器だけど海外のメーカーの量産品

「マットな質感と白」が当時の店主に刺さって、こんな感じの食器ばかり使ってました。

二十歳そこそこの小娘だったころ、母の影響でざらざらごつごつした土感いっぱいの陶器が好きだった。重かったよな、あのころの陶器は(笑)

三十路になり、スタイリッシュな海外の洋食器に衣替えをした。なんとなく高いものがいいと思っていた(苦笑)

四十を前に、白くマットでスタイリッシュなデザイナーズの食器にころりとやられた。白一色であの頃はそれが良かったんだよなぁ

そして現在、和食器に回帰した。店までだした。これは本物だ(たぶん)

手跡が感じられる、仕事の丁寧さが見てとれる、そして料理がおいしそうに見える、ボクノワタシノの食器はこういうものであふれるように、したい、な。

 

(追伸)

恩田さんはとても仕事が丁寧

素晴らしいです

オンライン販売は週末からの予定です