冬の信楽工房めぐり

 
約7ヶ月ぶりの信楽訪問
気合いを入れて早起きし、新幹線でビューっと京都まで。そこから少し戻って今度は車に乗り換えて新名神をビューっと走って10時に到着。
作家さん訪問のスタートです!
 
 
マグカップを作ってもらっているサニークラフトの青木さん
 
20161220_2
 
男の子3人のママさんでいつも元気いっぱいです。
今回は、新たに花皿や箸置きなどなどのお願いをしてきました。
 
 
 
 
ボクノワタシノを始めた時から粉引のうつわをいただいている、古谷製陶所の古谷浩一さん
 
20161220_3
 
今年新しくギャラリーを作られ、粉引が特長の古谷さんらしい白を基調としたシンプルな空間が出迎えてくれました。
作業中だったところ、お邪魔してごめんなさい。
古谷さん、満面の微笑みのまぶたに土が…(;’∀’)
古谷さんのうつわもいろいろ、モロモロ新しくお願いしてきました。
 
 
 
こちらも歴史ある窯元、文五郎窯の奥田章さん
 
20161220_4
 
コンクリートと木でしつらえたギャラリーにて。
 
 
 
20161220_5
 
あぁ、あれも欲しいし、これも欲しい…ウォンツが止まらないので奥田さんと相談しながら決めてきました~
 
 
 
薪ストーブが出迎えてくれる、丸十製陶さん
 
20161220_6
 
コンテンポラリーなギャラリーは明るくて(ボクノワタシノの何倍も明るいと思う・・・)心地よい空間です
 
 
 
20161220_7
 
商品企画本部長の山野さん
一年ぶりにお会いしたら外人になってた(笑)イイね、いいね~金髪良く似合ってますよ~
こちらも今取り扱っている粉引シリーズは収束し、新たにドット(水玉)シリーズを揃えます
 
 
 
 
丸十さんから数分のところに工房がある堂本さん
 
20161220_8
 
この嬉しそうなお顔の理由は、独立10周年の記念手ぬぐいが届いたから~
ボクノワタシノも全面協力してできたこの手ぬぐい、堂本さんらしいお茶目な感じがかわいい手ぬぐいです。
来年1月末から東京ドームで開催するテーブルウエアフェスティバルで配るそうですよ
 
堂本さんには、3月にボクノワタシノで個展をします。
その新作の進み具合をのぞきに寄りました。うーーん、進度遅し(-_-;)
 
 
 
 
ラストは、新しく取扱いをすることにした作家さんの
 
20161220_9
 
工房からの眺め
 
 
 
 
20161220_10
 
猫、発見!
 
 
 
20161220_11
 
小さい時に橋の上でカラスにいじめられていたところを助けてそのまま飼っているとのこと
なんと、名前は、みー(あら、偶然)
 
ストーブの前でぬっくぬくしてました~
と、猫の話よりも、ね。金彩のうつわを少しお願いしてあります。
私的には、大人の極上オヤツのうつわ、ですねぇ
詳しくは、またということで、今夜はこのへんでおしまいです。
 
 
信楽の皆さん、いつもありがとうございます。
年内納品、がんばって~~~