君の名は、ライスボール

冷蔵庫が空っぽになりつつある土曜日

野菜が食べたいがきゅうりと人参とじゃがいもしかない

困った店主の苦肉の策の朝ごはんは、ジャガイモのクリースープ明太子添えと野菜スティック

あれ?もう10月だっけ?というくらい涼しい、いや、肌寒い朝

この耐熱皿が活躍します。

只今入荷をまっており、70歳近いおじいちゃん(宇田清さん)職人さんに「3週間でなんとかーー」と無茶を言っている(もうじき届くはず・・・)

 

人参を生のままポリポリかじった本日

相変わらずカウンターの上が好きなみーちゃん

今までカウンターに登るためにステップ台代わりにしていたソファーを店主が撤収したため、のぼりたいときは足元にまとわりつくようになった(みーちゃんは体が重くて高さ90センチがダイレクトに登れないの)

魅惑のプニプニ

そして、まるで上野動物園のパンダ親子のような二人(?)

このブログのみーちゃん写真を見ながら羽海工房さんが作ってくれました

生まれたてで、まだ毛が生えていないの(笑)

結局今日は時間がとれず絵付けはできなかった

早く焼けたお姿を拝見したいわ~

*新しいワークショップ「みーちゃん型箸置きの絵付けワーク」です

 

今日のいっぴん

古谷浩一さん 粉引のご飯茶碗

 

「10年使ったご飯茶碗が割れちゃったので、今回はかわいいのを買おうと思って来ました」とご来店されたお客さま

気づいたら使い始めて10年の月日がたっていたんですって

そう、そうなのよ、ボクノワタシノはそこから名付けたの!

日常使う食器は、いつのまにか家族の中で「ぼくの○○」「私の●●」と呼ばれるようになる

この店から旅立った食器が、いつかそうなってほしいという思いでつけた「ボクノワタシノ」という店の名

この古谷さんのご飯茶碗も末永くご愛用いただけますように。