作家訪問と新人作家さん

昨日、朝5時半に家をでて信楽~岐阜まで足早に作家さん訪問をしてきました

ハードだった・・・年甲斐もなく・・・無理をしてはいけません(自戒)

信楽の松本 伴宏さん

元々赤釉のうつわが特長の作家さんですが、今回はそれに加えて輪花をお願いしてきました。

松本さんの輪花は、内側にふっくらと膨らみがある花びら仕立て

納品が楽しみです。

そして、ラッキーなご縁もありまして、丸伴工場という名前で制作活動をしている松本さんの奥さまにもお願いすることができました

こちらも楽しみ♪

よろしくお願いします~と岐阜に移動し、額賀さん(土岐)と伊藤さん(瑞浪)のところにいってきました~

こちらはまたの機会に

とにかく疲れちゃったの~

 

今日はカワシマちゃんにお願いして家でごそごそだった

ケモノロスです

写真で我慢

こちらの写真は、先日打合せに来てくれた主婦と生活社の編集さんによるもの

どちらの写真もみーちゃんのシアワセのカギしっぽはブンブン振り回されていますね~(;’∀’)

みーちゃんを見る店主・・・こんな嬉しそうな顔してるんだぁ、わたしって

みーちゃんのカギしっぽは

店主にシアワセ気分を与えてくれます

 

もひとつ、シアワセ気分

赤福

一保堂のほうじ茶とともに

 

湯呑みと小皿は、新人作家 小倉夏樹さんによるもの

今年の春に見つけた新人さん

今日、納品がありました。

*縞リム小皿 2,300円

*縞丸カップ 1,600円

素晴らしく美しいしのぎは、もちろん手作業によるもので縞模様を連想させてくれ

白洲好み ならぬ 佐藤好み~

店舗販売は、9/2(土)から