母の日

恩田さんのうつわ、堪能中

手前のお皿は直径20センチ弱

ワンプレートには少し小さいかな?と思いつつやってみた

ふむ、お味噌汁にボリュームがあればいいかと

味噌バターロールキャベツ

冷凍して残っていたロールキャベツを少し濃いめの味噌汁にしてバターを入れ、牛乳で整えたもの

激うまでびっくり!

ちょっとクセになりそうです。

 

クセになっては困る「開店前早退」

容疑者M

今日は少々やる気があるらしい

時々外に営業にもでた

午後、降り出した雨を眺め

籠さんからの睨みも効いてる

やるじゃないか、部長

今日は母の日だから、閉店後、みー部長をお母さん(大家さん)のところに送り届けました。

そう、今日は母の日です。

「母の日の贈り物なんですが・・・」

そう聞くと、まるで自分が贈るかのように愛おしく、「お母さん喜んでくれるといいな」と勝手に思いながらラッピングした店主には、すでに贈る相手がいない。

 

30歳も後半に入るころ、結婚とともに転勤で上京した店主

母は、それから毎年、誕生日に手紙とともに1万円入れて送ってくれていた。

手紙には、元気でやっているか、無理をしていないか、旦那さんと仲良くやっているか・・・おいしいものを食べにいって・・・

毎年同じような内容だったけれど、そこには母の愛が詰まっていた。

難病にかかり、手の自由がきかなくなり、最後に届いた手紙にはこう書いてあった。

 

 

お誕生日おめでとう。いろいろとお世話になり有りがとう。

お父さんにお世話になり、めんどうをみていただいております。

感謝しております。

貴女にもいろいろ心配していただき申し分けございません。

私もゆめのようです。

非常に残念です。

ごめんなさい。

佐トサンにもきていただき、おもてなしできなくなってしまい、残念です。

おいしいものを食べに行って下さい。

笑顔くるよう

祈ります。

母ヨリ。

 

これだけ書くのにどれだけ時間がかかっただろう。

字をうまく書くことができなくなり、封筒のあて名は父が代筆したようだった。

一緒に、1万円が入っていた。

いくつになっても

離れていても

どんなになっても

子を想う母の愛は、とてつもなく大きい

 

お母さん

ありがとう

 

産んでくれて

ありがとうね

 

会いたいなぁ