ボクノワタシノを助けてくれた豆皿

 
20160611_4
 
今朝のととねえちゃんは、泣けた(´;ω;`) 出会いがあると別れがあるという陳腐な言葉でしか表現できないけれど、ココロがキュゥンとなってしまうわ~
 
出あいといえば・・・私がはじめて作家さんにうつわを注文をして、ボクノワタシノではじめて売れるようになったうつわを作ってくれた人が昨日店にやってきた。
その人の名は、森里博信さん。
 
三重県伊賀市で作陶している作家さん。楽天のボクノワタシノをよくご存じの方からは「あ~、いつも品切れの人ね~」という声が聞こえてきそう(;’∀’)
 
2~3ヶ月で入荷はしているのですが、いかんせん、あ~と言っている間になくなってしまうので、実は、店舗にちゃんと並んだことがありません。
だから、お店に来て下さったことがある方でも「見たことないーーーー」とい方、大勢だと思います(苦笑)
 
20160611_2
 

森里さんとの出会いは、2年前。これから商売をはじめようという時に、陶芸作家さんを探して全国ウロウロしていたとき、伊賀の街でかわいい豆皿を見つけ、釘付けになりました。
その作者の名前をメモして、住所を調べて、電話をし、突然訪問したのがきっかけです。
 
名刺もなく、どこの誰かもわからない私を気持ちよく工房にあげてくれたのを思い出します。
それから、豆皿の注文をして、1か月後くらいだったか、納品され、ボクノワタシノの楽天オープンの日にはページに並びました。
楽天でオープンしても当初は全然注文がなく、どうしたものかと思っていたときに、この豆皿がとても好きといってくれた人がいました。
 
その一言に「よし、この豆皿をもっとたくさんの人に知ってもらいたい」と思い、ページを作り直して宣伝を入れ続けました。
 
それから半年・・・森里さんに豆皿の追加注文をすることが続き、1年後にボクノワタシノのメーンアイテムになりました。
その作者がボクノワタシノに寄ってくれたことに、とてもうれしく、出会いに感謝した1日でした。
 
あまり時間もなかったのでゆっくりもできなかったけれど、11月に森里さんの個展をすることになりました。
ボクノワタシノは、あまり作家名を前面に出しての紹介はしていないので、これはトクベツかも。
 
20160611_1
 

 
 

なにもお土産にウインナーをもらったからではありません。
(三重県のモクモクファームのもの。森里さんの同級生が経営者)
 
 
 

 
20160611_3
 
 
みーちゃんが、かわいかったからでもありません。
 
 
ボクノワタシノの原点になってくれた豆皿を作っている人だから。
もっとたくさんの人にも見てもらいたいから。
 
 
 
ね、森里さん。

 
 

[森里博信] 豆皿 菊 粉引 1,080円(税別)
>>> Online Store

 
この豆皿のページは、当初から変えていません。なんとなく、変えちゃいけない気がしてるんです・・・