福岡八女の新茶が届く

夏も近づく八十八夜、野にも山にも…
新茶の季節です。
福岡から八女茶をいただきました。

20160510_1

 

昔むかし、おばあちゃんの家ではお茶
を作っており、子供の頃、茶摘みの真
似事をしに行った記憶があります。

最近は、ペットボトルのお茶がとても
充実しているので家でお茶を淹れて
飲むということが少なくなっているよ
うにも感じます。

う~ん、やはり、ちゃんと淹れたお茶
は美味しい。

20160510_2

 

ちゃんと湯を沸かして、じぃっくりと
さます。まだよ、まだまだ。

十分にさましたお湯を茶葉に注いで、
じっと待つこと、1分半くらいかな。

新茶ですから、湯呑みも白いものを選
び、ゆっくりと注ぎます。

あらぁ、なんとかぐわしい香り。
きれいな色。

口に含むと、香りを飲んでいるようで
ココロ解きほぐされる感じです。
まろやかで甘い、お茶の味を堪能する
ため、甘味は控え目、ね。

20160510_3

 

まったり楽しませていただいた後、鉄
瓶から出したお茶の葉、それはそれは
柔らかくて驚きます。

上等なお茶の葉って、
こんなに柔らかいのね。

そして、お茶は香りを飲むものだと
改めて思ったお休みの午後でした。

[都丸俊夫] 湯呑み(彫/白) 2,000円(税別) ※白は現在店舗販売のみ