貫入

 
昨日に続き、今日もブルゴーニュ~
 
 
20161218_1
 
はちみつチーズトースト
 
 
 
 
20161218_2
 
とろんとろんと美味なり~
はちみつ用のスプーンがないのでマドラーで代用です(;’∀’)おいしい、シアワセ、おいしい、シアワセ…
 
 
 
 
今日、お客さんと話をしていてふと思ったこと
貫入についてです
 
20161218_3
 
この湯呑みは、都丸さんのしのぎの湯呑みです。
まあるい姿で、おもわず両手で包み込みたくなるため、これでお客さまにお茶をお出しすると決まってみなさん両手持ち(笑)
 
実はこの湯呑みも、使い始めて1年がたったんですよ
左は新品、右は1年もの
ちょっと写真ではわかりにくいですが、細かく入った貫入に色がついてきています。
 
この貫入
焼成後、窯からだした時に急に温度が下がるため、釉薬がビビビッと縮んでひびが入ります。これが貫入。
うつわ本体には全く関係ない代物です。
特に白いうつわはこれが目立ち、このひびに色がついてくるのです。これをうつわが育つという表現をします。
私はあまりしません(笑)
見たまま、色がかわるとお伝えすることが多いです。
 
釉薬と土、焼き方によって、この貫入がビビーーと大きくざっくり入るものと、ビビ、ビビッと細かく入るものと、ピシッと割れたように入るものと・・・本当にいろいろなのです。
都丸さんのこの湯呑みは、還元焼成でしっかり焼かれていて、細かく貫入が入るタイプのためパッと見、全体に色が変わったようにみえるのです。
まったく陶器とはこういうモノで、いろいろあるから面白いです。
これが好きじゃないわぁという方には、陶器ではなく磁器をお勧めします。
いずれにしろ、永く使っていただき、いつしか自分のモノになってくれたらいいなぁと思っております。
 
貫入ばんざーい
 
 
 
 
そして本日のみーちゃん
写真展に向けて今日から撮影用の一眼レフを持ってきました。
みーちゃんが一番みーちゃんらしい姿を撮りたいと思い、チャンスと時間があればパシャパシャ
 
20161218_4
 
後姿はどう?
くっきりした色合いがきれいな毛色
 
 
 
20161218_5
 
正面はどう?
あ~これはいい顔だったけど、おばさんダメじゃん、ボケてる~残ねーーん(-_-;)
でもみーちゃん、富士額だねぇ、美人さんねぇ(笑)
 
 
 
20161218_6
 
右向きのお顔はどう?
 
 
 
20161218_7
 
左向きのお顔は・・・あれ、模様は左右対称なのねぇ
 
この後、撮影する時間もなく、みーちゃんも帰らずで本日は終了
 
まだ時間あるからのんびり撮ろうっと。
今日は真田丸が最終回だから早くアップしないとーーーではーーーー