おたまじゃくしはかえるのこ

 
いつ食べてもほっとする、煎り鶏
 
20170118_0
 
鶏肉、椎茸、人参、ごぼう、こんにゃく…だしは椎茸の戻し汁とお酒。根菜の旨みがじゅわじゅわとしみこんで不思議といくらでも食べられます。
 
いい鉢が手に入るとそれを使いたくて作る煎り鶏。子供の頃はこの地味なおかずが苦手だったんだよなぁ(笑)
 
 
 
 
 
 
 
さて、休み明けでお店はカウンターの引き出しに入っている文房具までもがキンキンに冷えていた本日。
この人(猫)は元気です、やる気です!
 
 
 
冷たい床もなんのその
 
 
20170118_1
 
スタンバイ、OK
 
注)童謡おたまじゃくしはかえるのこの替え歌で読んでください
 
 
20170118_2
 
み~いちゃんは、仮の姿
(おたまじゃくしはかえるのこ)
 
 
 
20170118_3
 
猫のふりしてるが
(なまずのまごでは)
 
 
 
20170118_4
 
ほんとはね
(ありません)
 
 
 
20170118_5
 
なーかに絶対入ってる
(それがなにより証拠には)
 
 
 
 
20170118_6
 
ちっさいおじさん
(やがて手がでる)
 
 
 
 
20170118_7
 
入ってる♪
(あしがでる)
 
おしまい
 
 
 
 
えっ、またやるのーー
 
2017018_8
 
やるにょ、おばさん
 
 
 
 
20170118_9
 
ダッシュ!
 
 
この後、これを3回繰り返し、息が上がっていたみーちゃん
 
やっぱり、おじさん入ってるじゃん(笑)
 
 
 
 

新色追加 [森山 至] しのぎ鉢(水) 3,400円(税別) 
>>> Online Store