永く

和風ミネストローネ

というレシピを暮らしの手帖でみつけて作ってみた

20170611_4

トマト、タマネギ、アボカドをかつおだしで煮たスープ

ならばと、おむすびは、しらす、生姜、みょうが、ごまでむすんで、きゅうりの浅漬けとともに。
サラダは、茄子とオクラを焼いてゴマドレッシングの温サラダ

火を通すとアボカドは少しとろりとしていい感じ

20170611_5

でも、トマトは皮をむいた方がいいなぁ(-_-;)

ちょっと味に深みが足りない気がする・・・今度はベーコン入れてみよっと。

ところで、店主は暮しの手帖を買ったことがなかった。
先日、本屋に行った際、何気に表紙の「ひと皿で満足の切り身魚料理」というコピーに惹かれて購入。

NHKの朝の連ドラは見ていたので、この雑誌の成り立ちは概ね理解していたけれど、初めて読んで

好きになってしまった。

文章の雰囲気がとっても好き。
文章に体温を感じるのです。
最近、ローガンが進行しているので本を読むのが億劫になっていたんだが、これは読みたいと思ったのです。

永く愛されるモノには、ワケがあるんだなぁ(シミジミ)

さて、こちらボクノワタシノの本日は

何やら怪しい影が・・・二匹・・・

20170611_6

ん?

20170611_7

あらーお久しぶりのクロちゃん♡

ごはんを所望(おかわり3杯しました)

満腹の二匹は・・・

狛犬ならぬ

20170611_8

狛猫

みーちゃんの向かいに

20170611_9

狛猫

お客さんはこの二匹の間をありがたがって通るのでした(笑)

ボクノワタシノもにゃんこたちも
暮しの手帖のように、人の心をぽっと温かくしてくれるような存在になりたいね

(追伸)
魅かれたコピーの「切り身魚料理」は、まだ作ってない(苦笑)

(報告)
WANTED! Kさま
早々にご連絡いただきました。
ありがとうございました~