バナナの思い出と物撮り

 
バナナがね
 
 
豹のようになってしまったので、大至急消化すべく
 
とろとろバナナのフレンチトースト
 
 
20160923_1
 
バナナをアルミホイルに包んでオーブントースターで10数分。こんなにとろとろになります。
 
 
 
 
 
20160923_2
 
ぶどうパンをフレンチトーストにしてこのバナナをトッピング
お砂糖を使わなくてもとっても甘くておいしいです。
 
 
バナナの思い出
 
 
 
 
 
ずいぶん昔に亡くなってしまったおばあちゃんが好きだった。おばあちゃんはバナナではなく「パナナ」と言っていた。
 
私が風邪をこじらせておばあちゃんのところに行く予定が叶わなかった時、おばあちゃんはパナナを持ってお見舞いに来てくれた。
「これを食べたら、元気になるから」と。
 
子供心に、なんでおばあちゃんはバナナじゃなくてパナナというのか?
病気の時にはバナナよりもプリンじゃん、とか
そんなことを思っていたと思う。
 
 
 
 
父が亡くなった時、遺品の中からおばあちゃんの日記が出てきた。
おばあちゃんが子や孫に残したいといって書いていたようだ。それは、おばあちゃんがお嫁に来た時から私が中学生くらいの時までの長い長い日記だった。
 
その中に、パナナが登場していた。
 
おじいちゃんが脳梗塞で倒れて寝たきりになってしまい(あまり覚えていない)畑仕事と看病に追われる毎日の中でパナナは、滋養のある食べ物として登場していた。
 
 
当時は高級品で、一本のパナナをおじいちゃんに食べさせることも大変だったようだ。
 
 
パナナ
 
 
甘くて、元気になるね、おばあちゃん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、
 
 
今日も部長はご覧の様子
 
 
20160923_3
 
 
たいくつ~(店の手伝いに来てくれているスタッフの邪魔をしています)
 
 
 
そんな退屈みーちゃんが本日一番のお気に入りは
 
 
 
20160923_4
 
 
商品の物撮りセット
 
 
 
小さな撮影スタジオのような状態を作って、その中で商品の撮影をします
今日のお昼休みの時間に撮影をしちゃおうと準備をしていたところ・・・
 
 
20160923_5
 
 
にゃにぃ~、おばさん、今日はかくれんぼなのぉ(喜)
 
 
違うから
 
 
 
20160923_6
 
 
ふふーん、じゃあみーちゃんを撮ってもいいよぉ♡(ガーゴンガーゴンと超ごきげんさんです)
 
 
 
 
 
 
では、お言葉に甘えて・・・
 
 
20160923_7
 
 
肉球、いただきました(-_-;)
 
 
撮影は次回に・・・
 
 
 

[吉永 哲子] さびあさぎ丸プレート 3,500円(税別) 再入荷しています
>>> Online Store