[ひとり言] コウノトリ

昔むかし、あるところに結婚3年目の夫婦がいました。

そろそろ子どもがほしいね、などとまだ見ぬ自分たちの子供を抱いて笑っている姿を想像していました。

ところが、その想像はいっこうに現実にならず、焦った夫婦は病院通いをはじめました。

「どこも悪いところはないようです」

お医者さんはこういったが、コウノトリは、全然やってきません。

なぜだろう、何が原因なんだろう、考えても答えがでず、当時できる不妊治療に踏み切りました。

これが、少々辛く、仕事にも影響するようになり、奥さんは、とうとう病院に行くことをやめてしまいました。

これが原因かどうかわからないけれど、この数年後、夫婦は別々の道を歩き始めました。

 

産んでみたかった

この手で抱いてみたかった

一緒に成長したかった

 

これは昔むかしの店主のお話し。

望んでもやってこなかったコウノトリ。

きっと、神様が「そなたには他のものをあげよう」と子供ではないものをくれたんだ。

おかげで今、ボクノワタシノという宝物を手に入れた。

 

辛い経験をしたあなたへ

いろんなことがあるけれど、

大丈夫、あなたが元気でいることが、素晴らしいことだから。