青と黒、花の豆皿

青と黒の豆皿

長らく入荷のなかった花の豆皿。
理由は簡単
色がきれいに焼きあがらないから。

陶器は、土を成形して一度焼き(土器の状態です)
その上から釉薬(ガラス質になるもの)をかけて
本焼きをします。

以前、「ただ焼くだけなのになぜそんなに
時間がかかるの?」と言っていた人がいました。

言葉で表現すればその通りなのですが
そこには作家たちの工夫と努力と経験が
大きく関係しています。

この青い色も当初とは違った色です。
ほんの少し釉薬がたくさんついたり、
足りなかっただけで違った色になります。

これならいいね、と言えるものが焼けるまで
何度か失敗をしたため時間がかかりました。

この青は、横浜の海の色。店のある山手まで
港の船の汽笛が聞こえてきます。

この黒は、シックでかわいい大人の色。
店の雰囲気にもしっくりと似合います。

小さなうつわにも、いろいろな想いがつまって
ボクノワタシノに届きました。

[山本 太郎] 豆皿 花型#
  >>> Online Store

青と黒の豆皿青と黒の豆皿