輪花豆皿

1

美しい手仕事のあと

ろくろでひいた後、
型ではなく手仕事で花模様を施してあります。
花弁のひとつひとつを彫り起こしてある
ので立体感のある器ができました。

少しつやのある黒釉がその奥行きを増し存在感ばつぐんです。

白は、白化粧をたっぷりとかけ柔らかい雰囲気をだしています

信楽 山田茂樹

mamesara2mamesara1