クリスマスに思うこと

今日はクリスマスイブ

チョコレートブラウニーと果物のパフェ

猫たちにもサンタさんがやってきた(明日は定休日だから一日早いの)

パピさんには生クリームちょびっと

うにゃーでかんわ(名古屋弁:おいしいすぎるわ)

すでに待っていた緑の男

ちゃんとサンタさんくるんでしょーね

はい、来ますよ(;’∀’)

A5ランクかどうかは別として黒毛和牛のちゅーる♡

歓喜のダンス

にょぉ~

にょぉぉぉん

にょっと

お客さんに食べさせてもらってご満悦

なんや、うまいやないか

クロちゃんには専用の水入れも届きましたのよ(よかったねー)

そして、店主は女友達と焼き鳥(チキンですもの)

あら、やだ、これはトマトのベーコン巻き(;’∀’)チキンじゃなーい

食べる、しゃべる、食べる、食べる、しゃべるの4時間

プレゼント交換したりの楽しい時間

 

昔、クリスマスは、家族で過ごすことが定番だった。子供のころは両親と、大人になったら旦那さんと。

会社員時代は、「今日(イブ)クリぼっちのひと集まれ~」と声をかける上司が必ずいた。

ボクノワタシノをはじめてからは、日常になった。

そんな日常に、ケーキやプレゼントを届けてくれるお客さんがいて、今年のクリスマスは日常ではなくなった。

もしかしたらクリスマスは、誰かのことを思い、気持ちを届ける日なのかもしれないな。

くしくも今日、甥っ子が店を訪ねてきた。

久しぶりに会った第一声が「いよこさん、太ったね、顔、まんまるじゃん」

かわいくない一言をはなった甥っ子だが、訪ねてくれたことが「誰かのことを思う」に通じるものを感じたクリスマスでした。

メリークリスマス!